• 法人様はもちろん個人の方も歓迎。
  • 請求書・領収書発行できます。
  • ヘルメットにロゴ・社名印刷可能!

各種クレジットカードが使えます。銀行振込可。

  • ホーム
  • ヘルメット印刷
  • ショッピングガイド
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 法人のお客様はこちら
 
【ヘルメット】 関連情報
   
ヘルメット
 
  ヘルメットの種類と性能比較
 
帽体の材質 \性質



耐電性

耐有機・溶剤性 特長



FRP樹脂製
(ファイバーグラス・レインフォースド・プラスチック)

ガラス繊維に不飽和ポリエステル樹脂を含浸させて強化した樹脂
×

リペット穴より通電するため
条件によってケトン、芳香族アルコール類におかされる 耐候性、耐熱性は特に優れるが、耐電性としては使えない



ABS樹脂製
(アクリロニトル・ブタジエン・スチレン)

AS樹脂にゴム成分を均一に分散させて物性を向上させた樹脂
ケトン、エステル塩素化物に溶ける 耐電性には優れるが、高熱環境での使用は不向き
PC樹脂製
(ポリカーボネート)

ビスフェノールAとホスゲンを重縮合させたエンジニアリングプラスチック
芳香族、塩素化物に溶ける 耐候性はABSより優れている
 
 
  ヘルメットの使用区分(種類)・構造・機能 ぺージ上部へ
 
      
使用区分
(種類)
飛来・落下物用 墜落時保護用 飛来・落下物用・墜落時保護用 飛来・落下物用・電気用
(使用電圧7,000V以下)
飛来・落下物用・墜落時保護用・電気用
(使用電圧7,000V以下)
構造 帽体、着装体及びあごひもを持つもの。 帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもを持つもの。 帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもを持つもの。 帽体、着装体、及びあごひもを持つもので、帽体が充電部に触れた場合に感電から東部を保護できるもの。 帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもを持つもので、帽体が充電部に触れた場合に感電から東部を保護できるもの。
機能 飛来物又は落下物による危険を防止又は軽減するためのもの。 墜落による危険を防止又は軽減するためのもの。 飛来物又は落下物による危険及び墜落による危険を防止又は軽減するためのもの。 飛来物又は落下物による危険を防止又は軽減し、頭部感電による危険を防止するためのもの。 飛来物又は落下物による危険を防止又は軽減し、頭部感電による危険を防止するためのもの。
 
 
  厚生労働省保護帽規格検定試験 ぺージ上部へ
 
厚生労働省保護帽規格検定試験

■耐貫通性能試験 写真

  1. 飛来・落下物用の試験
    人頭模型にヘルメットを装着し、3kgの円錐形ストライカー(先端角度60°)を1mの高さからヘルメットの頂部に落下させる。その時ストライカーの先端が人頭模型に接触しなければ合格となります。
     
  2. 墜落時用の試験
    帽体を治具の頂部リングに被せる。その時落下点が帽体の前頭部、後頭部、及び両側頭部に来るように合わせます。次に1.8kgの円錐形ストライカー(先端角度60°)を0.6mの高さから落下させ、治具の頂部リングの上端から帽体内面のくぼみの最下降点(円錐形ストライカーの先端が帽体を貫通した場合は円錐形ストライカーの先端)までの垂直距離を計測して15mm以下であれば合格となります。


■衝撃吸収性能試験 写真

  1. 飛来・落下物用の試験
    高温・低温・浸漬処理をしたヘルメットを人頭模型に装着し5kgの半球形ストライカーを1mの高さからヘルメットの頭部に落下させる。その時人頭模型に伝わる衝撃荷重が5kN以下であれば合格となります。
     
  2. 墜落時用の試験
    高温・低温・浸漬処理をしたヘルメットを30°傾斜している人頭模型に衝撃点が前頭部及び後頭部になるように装着する。そして5kgの平面形ストライカーを1mの高さから落下させます。その時、人頭模型に伝わる衝撃荷重が10kN以下であること。又その継続荷重が7.5kN時では3ms以上、5kN時は4.5ms以上、継続しない事が合格基準となります。

■耐電圧性能試験 写真
  • 試験用水槽の中に帽体内外の水位が帽体の縁から30mmになるように水量を調整して、帽体の内外にそれぞれ電極を入れ、20kVの電圧を加えた時、1分間絶縁破壊しないこと及び10mA以上電流が流れないことが合格基準となります。

 
 
  ヘルメットの着用方法 ぺージ上部へ
 
●ヘッドバンドの調節
ヘッドバンドの調節 ヘッドバンドは頭の大きさに合わせて調節してください。
ヘッドバンドの調節が悪いと、使用中にぐらついたり脱げやすく
保護性能を十分に発揮することができません。
 
ヘルメットのかぶり方
ヘルメットのかぶり方 ヘルメットは真っ直ぐに深くかぶってください。
横へ傾けたり、あみだかぶりをしないでください。
 
●あごひもの締め方
あごひもの締め方 あごひもはきちんと締めてください。
着用中はゆるめたり、外したりしてはいけません。
事故の時ヘルメットが脱げて重大な障害を受けます。
 
 
  ヘルメットの交換目安 ぺージ上部へ
 
帽体−−−FRP製帽体、熱可塑性樹脂帽体(ABS・PC・AESなど)
帽体の交換目安
 ̄錣かけ又は
折れているもの
⊂弖發虜が
認められるもの
擦り傷が
多いもの
けれが著しいもの
 
帽体の交換目安
ゥ瓠璽ーがあけた
以外の穴が開いて
いるもの
Εラス繊維が浮き
出しているもの
着装体取り付け穴にクラックがあるもの 著しい変色が
認められるもの
 
帽体の交換目安
変形しているもの 取り付け部(ブラケット
、フック等
)に異常があるもの
 
衝撃吸収ライナー−−−発泡スチロール
衝撃吸収ライナーの交換目安
熱・溶剤等によって
変形しているもの
著しく汚れているもの 傷、割れが著しいもの
 
着装体
着装体の交換目安
使用者が改造したもの あごひもが損傷し又は、
著しく汚れているもの
庵總体の縫い目が
ほつれているもの
 
着装体の交換目安
唄弔劼發伸び
又は著しく汚れ
ているもの
伽形ハンモックに
傷がついているもの
灰悒奪疋魯鵐匹
損傷しているもの
幹澄μ等によって著しく
汚れているもの
着装体の交換目安
 
 
  ヘルメットの着用が規定された作業範囲(関連規則) ぺージ上部へ
 
(a)物体の飛来又は落下による労働者の危険を防止するためのヘルメット
−労働安全衛生規則−
  247条 型わく支保の組立作業 404条 採石のための掘削作業
  360条 地山の掘削作業 412条 採石作業
  366条 明り掘削作業 464条 湾港荷役作業
  375条 土止め支保作業 484条 造林等の作業
  383条 ずい道などの掘削等作業 497条 木馬又は雪そり運搬作業
 
  516条 林業架線作業
  517条 鉄骨の組み立て作業
  539条 船台の付近、高層建築物等の作業
  566条 足場の組立作業
 
(b)墜落による労働者の危険を防止するためのヘルメット
  151-52条 5t以上の貨物自動車における荷の積卸し作業(ローブ、シート掛けなど含む)
  435条 はいの上における作業(床面から2m以上に限る)
   
(c)絶縁用ヘルメットについては電気による労働者の危険を防止するためのヘルメット
  341条 高圧活線作業
  346条 低圧活線作業
 
(d)絶縁用保護具の国家規格について
  351条 絶縁用保護具等の定期自主検査を行わねばならない。
 
 
   
ヘルメット